Mail for アルゼンチンタンゴの資料室

タンゴの日(12月11日)

(National Day of Argentine Tango)

12月11日は、アルゼンチンの国家的記念日「タンゴの日」です。

2009年にユネスコの世界無形文化遺産に登録された「アルゼンチンタンゴ」ですが、多くの功労者の中でもとりわけ功績の大きかった

カルロス・ガルデル(Carlos Gardel)
1890年12月11日 〜 1935年6月24日
タンゴの歌手、作曲者、俳優

フリオ・デ・カロ (Julio De Caro)
1899年12月11日 〜 1980年5月11日
楽団代表、作曲者、バイオリニスト

このタンゴの巨匠(偉大なアーチスト)二人の誕生日が奇しくも同じ12月11日であったことから、この日が選ばれました。

そして、この日を「アルゼンチンタンゴの日」として祝日に制定するよう提言したのは、
ベン・モラール氏(Ben Molar)
作詞・作曲家、音楽プロデューサー、フェルマータ・レーベル(Fermata)のオーナー
・・・という人物です。

彼のその着想から祝日の制定までには12年掛かりました。
最後の決め手になったのは、ブエノスアイレスのルナ・パーク(スポーツ闘技場)での「タンゴの 日の制定を支援するパーティー」を実施したことによります。

ベン・モラールは
■ファン・カルロス・ティト・レクトゥーレ(Juan Carlos "Tito" Lectoure)
ルナ・パークのオーナーオーナーであり、ボクシングの代表的プロモーターとして実力者
・・・へ協力を頼み込みました。

このパーティーにメディアが注目したおかげで、1977年12月11日。
ルナ・パークで実施されたパーティーには、タンゴ界の主要アーティストや楽団が参加し、フリオ・デ・カロは1万5000人もの参加者から誕生日を祝福されました。
壮観だったでしょうね。

それに先立つ1977年11月29日。
ブエノスアイレス市条例 で「タンゴの日」が制定され、
そして同年12月19日には、「タンゴの日」が国の祝日と定められました。

アルゼンチン国内だけでなく、世界中のタンゴファンがこの日を祝い、ミロンガを楽しむのです。

団体・サークル 教室・スクール サロン・フロア 演奏家・舞踊家 資料・ショップ 用語集 歴史と背景 イベント 風営法 トップページ 
 
掲示板(パートナー募集) 掲示板(イベント告知)